2012年12月10日

本物の「営業職」とは

島津 知弘 「コンサルタント」という職業を日本に定着させた立役者であり、名だたる企業の改革に取り組んでこられた大前研一さんが、「営業のプロフェッショナル」になるための考え方を綴った一冊です。ご存知のように、氏の書籍は多数ありファンの方も多いかと思います。これまで日本や海外の経済情勢とその問題点を、世界有数のトップコンサルタントとして鋭くも解りやすい言葉で指摘し、解決策を世の中に提案されてきました。今回のような本格的に営業を主題にした書籍は、初めてではないかと思います。同氏が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院の教授陣が「営業」という職業に、「問題解決型営業の考え方」、「マーケティング」、「自己管理」、「チーム営業」をテーマに、非常に解りやすく解説されています。ただ商品を売るための手法ではなく、プロフェッショナルとして目指すべき姿が明確にイメージできました。私は特に新入社員の方、初めて営業をする方にお薦めしたい一冊です。営業をするうえで根幹になるような考え方が詰まっています。書店に山のようにある営業本の中から、最初の一冊として、是非目を通してみてはいかがでしょうか。

少しだけ本文をご紹介…
・・・アメリカの一国覇権が終焉し、世界経済がかつてないほどの多極化していることを理解しなければなりません。近い将来、世界は複数の覇権国家が群雄割拠する時代に突入することでしょう。(中略)
国内市場では、新興国市場展開とのバランスを取りながらきわめて難しい舵取りが要求されます。縮小する環境下で、自社の利益を確保しながら、顧客との信頼に基づく長期的な関係を深め、市場シェアの拡大を図っていかなければなりません。この困難なミッションを遂行するうえで、不可欠でありながら現状では満たされていないミッシング・ピース、それが営業であると私は考えます。それも自社の商品を販売するだけの営業スペシャリストではなく、顧客の抱える問題・課題に対して、自社の商品を絡めながらソリューションを提供できる営業のプロフェッショナルを大量に育成することが必要であります。(中略)売った買ったの短期的なつきあいではなく、顧客の庭で考え、信頼を勝ち得、長期的な関係を築くことが大切です。顧客の求めているものを実現するために、障害は何か、どうすれば解決できるのかを、顧客の立場になって、脳に汗をかきながら考え抜き、問題解決について提案できなくてはなりません。・・・
~本書「はじめに」より抜粋~

(文責;島津 知弘)

投稿者 プランナーの声 : 2012年12月10日 09:08 | コメント (0) | トラックバック (0)

カテゴリー [ 島津 知弘 ]

2012年06月04日

この世界への「愛情」と「自由」と「ゴール設定」

島津 知弘 こんにちは島津です。今回は最近読んだ書籍のご案内です。

ドクター苫米地流「天才脳」子育て術 苫米地英人(脳機能学者)(ミリオン出版)

最先端分野である機能脳科学の権威であり、誰もが天才と認める著者。天才の定義をしたうえで、脳の情報処理機能を分析し、全ての子供がなぜ天才になり得るのかを解明しています。天才と言われると「圧倒的な才能の持ち主」と漠然と考えてきましたが、この一冊によってその認識が変わりました。この世界に対して深い愛情と自由な思考を持ち、とてつもないゴールをイメージする。世界中を支配している何とも言えない不安感に振り回されるよりも、今一度自分を疑ってみることから始めようと思いました。大人のみなさんにお勧めです!!

≪少しだけ本文をご紹介≫・・・2011年3月11日の東日本大震災以降、世の中は混迷を極めています。世の中のお父さん、お母さん方は、今まで以上に子育てについて悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。これだけ世の中が変化し続けているので、親御さんたちは、今まで言われてきたような「幸せのセオリー」はもう通用しないということを実感として感じていらっしゃると思います。もうお子さんに「勉強して、いい学校に入って、大企業に入って、安定した人生を送る」というステレオタイプはもうおススメ出来ない世の中になっているのです。

どういった人物が世の中で生き残れるかを考えた時に、答えは一つ。「自分の才能を活かし、好きな仕事をし、やりたいように楽しく生きていける人」です。~本書「はじめに」より抜粋~

(文責;島津 知弘)

投稿者 プランナーの声 : 2012年06月04日 10:40 | コメント (0) | トラックバック (0)

カテゴリー [ 島津 知弘 ]

2011年10月24日

最近読んだ本のご紹介

島津 知弘 いつもありがとうございます。島津です!

今回は、最近読んだ本のご紹介をさせていただきます。
「いやでも人生が好転する!ウラ目の法則」西田文朗(徳間書店)
日本のメンタルトレーニング研究・指導の第一人者である著者が、全力で取り組んだ時こそ必ずぶち当たる、「ウラ目」を乗り越える為の考え方を綴った一冊です。非常に簡単な言葉で解りやすく、且つ人間の脳の機能を具体的に解説されています。育児・家庭・仕事等で悩みはつきものですが、悩んでいる方々にこそ、お奨めの一冊です。壁にぶち当たって「失敗だった。」と諦めるのではなく、ほんの少し見方を変えてみる。そんなことを学んだ一冊でした。

初めての方も簡単に読んで頂けると思います。
≪少しだけ本文をご紹介≫・・・不思議なもので、良かれと思って何か物事に真剣に取り組んでやった時に限って、なぜだかウラ目が出てしまいます。たとえば、一生懸命仕事をしていたら見込まれて、皆が嫌がるうるさい上司がいる部署に配属されたとか、赤字の子会社へまさかの左遷があったなど、心当たりのある人は多いことでしょう。「真面目にやっていたのに、なぜ?」と会社を呪いたくなる瞬間です。例えば、どんなに緻密に練り上げられたプロジェクトでも、そのまま上手くいくことなど、まずあり得ません。頑張っているのに情け容赦なくウラ目が出てしまいます。
実は、ウラ目は正しいことを真剣にやった時にしか出ないものなのです。「一生懸命に努力しているのになぜ!」と、とても理不尽に思わせるかもしれませんが、それが「ウラ目の法則」なのです。(中略)

一生懸命にやってウラ目ばかりが出る時、それまでのやり方をほんのちょっと変えてみることで、オセロゲームのように、黒だったものがバーッと一気に白になるということが起こります。つまり、ウラ目というのは、そうした想像以上の大きな可能性を持っているということです。にもかかわらず、ウラ目が出た時点でほとんどの人は諦めてしまいます。それは、自分の練った戦略が完璧だと思っているからです。やる前に考えた戦略なんて完璧であるはずがありません。もし事前に練った戦略が完璧だとしたら、それは大した成功ではないということです。本当の成功は想定外のところにあるのです。幸せも成功も、ウラ目がスタートなのです。努力は準備運動に過ぎません。努力してウラ目が出た時がスタートなのです。成功者はそれを知っているから成功できるのです。凡人はそれを知らないから成功できないのです。成功者と凡人の違いは、たったこれだけなのです。・・・・
~本書「ウラ目の法則とは?」より抜粋~ 

(文責;島津 知弘)

投稿者 プランナーの声 : 2011年10月24日 10:08 | コメント (0) | トラックバック (0)

カテゴリー [ 島津 知弘 ]

2011年04月25日

島津と申します!!

島津 知弘 島津と申します!!

4月から(有)アイディーリンクに参画させていただきました、島津知弘と申します。

私は生まれも育ちも滋賀県です。よく「島津だから出身は鹿児島?」と聞いていただきますが、生粋の滋賀県人です。小学校からずっとサッカーチームに所属し、多くの仲間と共に汗を流してきました。サッカーでの実績はあまり残せませんでしたが、チームプレイの精神や仲間に対する想いは熱い!と自分では思っております。

保険のお仕事は個人で営業をすることが主ですので、個人プレイと思われがちですが、沢山の方々のご理解や協力なくしては成り立たないお仕事だと思います。

これまでお会いした方々、そしてこれからお会いする多くの方との出会いに感謝し、一期一会の精神で日々行動していきたいと思っております。

今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

(文責;島津 知弘)

投稿者 プランナーの声 : 2011年04月25日 11:03 | コメント (0) | トラックバック (0)

カテゴリー [ 島津 知弘 ]

 
PAGE TOP