2014年05月12日

映画「ワンチャンス」をみて

谷口 ひろみ ラジオで聴いたオペラ曲が気になり、友達を誘い映画に行きました。 つまずく度に、歌声を輝かせ立ち上がった 冴えなすぎる男の世紀の逆転劇! ポール・ポッツ実話です。

イタリアで勉強してパヴァロッティに会うところなど夢のような、挫折も一杯で
オペラ歌手になれた話です。

ポーツ・ポッツの歌声があまりにも心地よくて からだが 熱くなって、軽くなる気がしました♡
すぐにCDを購入しました。10月に来日コンサートにも行きます。
映画をみている方はやはり年配?が多く 先の見えた自分にはありえないストーリーに
惹かれた気がします。歌声に拍手です。


(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2014年05月12日 13:52 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2013年09月02日

夏休み

谷口 ひろみ 横浜美術館「プーキシン美術館展」へ行きました。

ロシアの美術館の展示ということで興味津津でした。
作品は、その頃財力のあった人物が買い集めたものでしたが惹きつけられるものでした。

ニコラ・プッサン《アモリびとを打ち破るヨシュア》
1624-25年頃 油彩、カンヴァス 96×134cm

プッサンは17世紀フランス古典主義を代表する画家。描かれているのは、『旧約聖書』のなかで、モーセの後継者ヨシュアが「約束の地」カナンを征服する場面です。筋骨隆々とした両軍の兵士たちが死闘を繰り広げる様子が、三角形を基調とする構図のなかにダイナミックに表されています。現在エルミタージュ美術館が所蔵する対となる作品とともに、エカテリーナ2世が1770年にオークションで買い付けました。

年代ごとに展覧されている中で 1番気に入りました。『旧約聖書』も読んでみようかと思います。
東京・横浜を散策して 感じたことは電車に乗るたびについつい所要時間を確認してしまうこと。どこをさがしても掲示していないところもありました。普段どれだけ時間に余裕なく暮らしているのかと、あらためて実感しました。


(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2013年09月02日 17:43 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2013年01月15日

10年

谷口 ひろみ アイディーリンクも去年10周年を迎えました。

今年は11年目に入ることになります。人それぞれの10年があると思います。
私にとっては子どもの成長と同じように早く過ぎ去った気がします。
私は最近「あと10年」という言葉をよく人にします。

子育てが中心ではありませんが、子どもには勉強をがんばろう。お母さんも楽しめる
ように働くわ。一緒に居られるのもきっとそれくらいかなあとも思います。
私も念願の演奏会にも行けるようになったり、同じ年生まれのお母さん方と交流が始まったり、学校のPTA活動に積極的に参加したりと変化があります。

「あと10年」後、ふりかえった時に、スタートとなるこの1年がいいものになるように努力を惜しまず、何事にも前向きに進みたいと思います。


(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2013年01月15日 10:05 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2012年07月09日

解散

谷口 ひろみ 娘の音楽教室がグループ解散となり、11月から個人ピアノレッスンになります。

8年間のグループレッスンは本当に楽しい思い出ばかりです。発表会には6回出ました。これからは個人のピアノ発表会に出ます。

一緒に勉強していたエレクトーン担当の子どもさんは、先月の発表会で入賞し京都大会へすすむことになり、本当に嬉しいことです。

はじめは何とか音楽を身近に感じてほしくて、ヤマハへの行き帰りは手を繋いで歌をうたったり、音階をうったり努力しました。ひとりで楽譜が読めるようになったのは小学4年くらいかなと思います。それまでは必ず横について私が音符をうたいながら練習をしました。小学校の音楽発表会では伴奏をすすんでするくらい、自信を持つようになったのですが、中学1年生になって同じく立候補したのに、歌声が大きいから却下されたそうです。「へたの横好き」で構わないのでピアノはいつまでも続けてほしいです。


(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2012年07月09日 10:26 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2011年11月21日

社会見学

谷口 ひろみ 6年生の娘が先日、社会見学で京都めぐりをしました。行程は 三十三間堂、清水寺、金閣寺、竜安寺です。京都駅出発、集合です。交通手段は市バス、地下鉄。

班ごとに、行きたい場所を決め、ネットでバスの系統、時刻を確認したり、場所での見どころをまとめたり事前準備にも時間をかけました。

できあがりのしおりを見て絶句してしまいました。「清水寺から祇園のバス停まで走る」どういうこと?たずねると「バスの時刻が間に合わないから、走る。みんな足が速いから大丈夫。」だそうです。私が不安で心配になりました。

無事に帰って来て、どうだったかたずねました。

三十三間堂、清水寺までは他の班も多かったけど、清水寺で班の男子二人とはぐれてしまい、捜していたら20分遅れてしまった。金閣寺で先生から時間調整のアドバイスを受けたらしいです。最終的には予定より1本早い地下鉄に乗れて京都駅に戻ったということでした。おもしろかった?行ってよかった?などいろいろ聞いてみて、内緒ということで、おみやげもの屋さんでの試食は禁止だったけど清水寺、金閣寺でたくさん試食ができて嬉しかったと話してくれました。また京都めぐりをしたい?とたずねると、お母さんではなく友達としたいらしいです。親離れの時期です。寂しいです。


(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2011年11月21日 10:02 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2011年06月06日

レクリエーション

谷口 ひろみ 今年の4月から町内の子ども会の役員になりました。しょっぱなの行事のレクリエーションが先日ありました。「ピザパン、カレーライス作り」です。

小学1年~6年生まで33名参加、とりあえず1、2、3年と4、5、6年に分けて作業しました。私は女の子4、5、6年7名の担当でした。

ピザパン作りから始め、生地を麺棒でのばして材料をのせて焼きます。
カレーライスは材料を洗う、むく、切るを交代で行いました。皮むきしたことある?
包丁を使ったことある?とたずねながら進めました。後片付けをお願いしたり、下の学年の方がとても積極的でなんでも「やりたい」と食い付いてきてくれました。
出来上がり、みんなで食べました。自分で作った満足感からか?ものすごい食欲でたくさんおかわりしていました。

終わってからの評判もよく、子どもたちが家に帰ってからおいしかった、楽しかったと話したそうです。

当初は「学年を超えての交流を炊き出しで行う」など考えていました。結局は「ピザパン、カレーライス作り」になったのですが終えてみて、こんなに達成、充実を実感できるなんて最近の私にはなく、子ども達にもとてもいい経験になったと思います。


(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2011年06月06日 09:56 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2010年11月22日

見極め

谷口 ひろみ 娘が6年間続けた音楽教室も先日発表会が終わり7年目に入りました。 練習日に担当の先生から、発表会でのミスや練習時の改善や普段からの気持ちの持ち方について懇々と話がありました。音楽教室といっても今は担当の先生がやめてほしいと思う子供には直接言われるそうです。指導を続けても無理と思うならもっと早く伝えて欲しかった。と聞いていた親同士あきれてしまい、これからの2年間を最後と思って頑張ろうということになりました。ピアノは自分の経験からずっと続けてほしいと願うものの、やはりこればかりは本人次第、自分から練習しようという気持ちがないならどんなに続けていても無理だと感じています。始めた頃は、行き帰り手を繋いで歩きながら、歌っていました。懐かしく思います。2年後どのように変わっているか状態を見て見極めることを決心しました。

(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2010年11月22日 17:07 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2010年08月16日

亀岡に住んで

谷口 ひろみ 結婚して亀岡に住んでいます。先日もとなりの事務所の方から地震の可能性が高いのは亀岡らしいと言われてドキドキしながら地形などをみていたら、資料から 亀岡盆地は太古は大きな湖であり、風が吹くと美しい丹色の波が立ったところから、このあたりを丹のうみ・丹波と呼ぶようになったとされており、出雲神話で有名な大国主命が亀岡と嵐山の間にある渓谷を切り開いて水を流し土地を干拓して、切り開いた渓谷を妻神「三穂津姫命」の名前にちなみ保津川・保津峡と名付けたという伝説も残っており、出雲大神宮(千歳町)の祭神となっている。事実、湖だったことを示す地層も明らかになっている。 地盤が緩くて活断層も通っていて・・・不安ながらも避難時の災害グッズを確認したりしています。

亀岡に初めて行ったのは、高校の山登りで嵐山、保津峡から亀岡へ。その頃は見渡す限りの田んぼの中にJRの駅舎がぽつんと建っていた光景を忘れずに覚えています。今ではすっかり変わりましたが、まさか自分が亀岡に「住むことになる」とは思っていませんでした。縁があったのですね。1番困るのは、京都の碁盤の目の中で育ちましたので、明らかに曲がっている道を真っすぐと言われても信用できません。


(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2010年08月16日 09:38 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2010年04月26日

娘と一緒にはまっています

谷口 ひろみ 4月で娘も5年生になりました。4年生の後半くらいからお友達同士でマンガを貸し借りするのが流行り、娘がどんなマンガを読むのか気になって一緒に読み始めてすっかりマンガにはまってしまいました。私も中学、高校時代にマンガを姉と読み大好きだったので、本当に好きだったものを子供に思い出させてもらったようで嬉しいです。子供には教育上よくありませんが大人買いをしてしまいました・・。娘からはいろいろと質問を受け、答えにくいこともありますが正直に対応しています。子供も成長します。これからも、共感できることをみつけたいです。

(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2010年04月26日 08:20 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2010年02月01日

マイブーム

谷口 ひろみ 元々は通勤電車の帰りの30分が読書の時間でした。朝に読書をすると目が疲れるということだったので我慢していたのですが、どうしても読みたくて朝も読み、寝る前の読書は至福の一時です。小学4年の娘も同じ様に家にいる時は本を読むのですが、なかなか時間が決められなくてTV、ゲーム、マンガなど多趣味すぎて困っています。本当にいい時代になりましたね。まわりに楽しいものがありすぎて何もなくても楽しめた自分の子供の頃を考えると現在が羨ましいのか、わかりません。

私は自分でいいと感じるものの基準が今もぶれなくて、何年たっても好きなものはずっと変わりません。そのうちのひとつが20年前に初めて聞いたチャイコフスキーのバイオリン協奏曲です。前々世から聞いていたように思えるほど全身にアルファ波を感じます。
人生もう先が見えてきました。もう一つくらい何か好きなものがあれば最後まで幸せでいられる気がします。いつか何か思い出せそうです。そうそうこれが好きやったなあと・・


(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2010年02月01日 08:15 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2009年11月09日

アンサンブル発表会

谷口 ひろみ 先週の日曜日に、美月の5回目のアンサンブル発表会が終わりました。はじめて賞をもらってグループ6人みんな大喜びでした。でも道のりは厳しかった。練習をするように言うと「うるさい。」挙句の果てに言った言葉は「弾いてやらへん。」この言葉は本当に頭にきてしまいました。親に無理に習わされているような言い方、考え方。小学校のうちはいろんな習い事をさせたいと思って、まあ既にこの勝手な思いが子供には迷惑かもしれませんが・・ 12月には個人のピアノの発表会があって出るかどうか迷いました。本人は出たいと、でも現時点でまだ両手で弾けない曲をどうするの?先生に相談すると簡単に、「まだ日にちがあるので大丈夫」と言われました。発表会を1つクリアしても、何ともまだ私にはとても憂鬱な日が続きます。

(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2009年11月09日 09:40 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2009年08月24日

今年の夏旅行

谷口 ひろみ ここ数年は海水浴へ行っていましたが、今年はお盆時期のため新たに温泉旅行をしました。東名道が通行止めのため混雑し、行きは7時間、帰りは8時間もかかりました。1日目は下呂温泉。日本三名泉というだけに、私は三度目で大好きな温泉です。子供たちも温水プール、足湯など本当に楽しんでいました。2日目は奈川温泉 ここも下呂と同じ肌がすべすべになり気持のよい温泉でした。3日目は乗鞍温泉 乳白色で硫黄のにおいがきつかったです。三日間を通して子供はしたい放題、食べたいものがないと怒りだしたり、食事があわなくて無口になったり、主人と私はおかげで夕食は2人分食べ続けました。

子供の絵日記に旅行のことがあり、温泉に何度も入ったことが書いてありました。きっと喜んでくれたにちがいないと確認はしませんが、来年も温泉旅行にしようと決めました。


(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2009年08月24日 08:16 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2009年06月15日

性分

谷口 ひろみ 先日、大阪へ行きました。郵便局に立ち寄るために商店街に入ったら、私の知っているのとは全く違う雰囲気、人は一杯。まさしくTVでよくみる大阪の商店街。3人乗り自転車が多く、お母さん方はとても逞しい。廃れた町に住んでいる私には目の覚めるような勢いが感じられました。高校でいろいろな地域から来た友達の話がとても興味深かったことが懐かしく思い出されます。卒業後は東京の短大へ行った私はやはり新しいもの、刺激が好きです。

4月から長女はお稽古を2つ新しく始め、私も宿題の見直しという役が加わりました。音楽教室の担当の先生の変更もありました。長男は学童保育をやめ、宿題を終えてから遊びに行きます。イキイキしています。子供達の環境の変化で私も同じように楽しんでいます。


(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2009年06月15日 09:32 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2009年03月30日

お別れ

谷口 ひろみ 美月のヤマハの先生から「4月で辞めることになりました。」とお話がありました。 始めて5年。まさか先生が変わることになるとは・・私も経験したことがないのですごく戸惑います。子供の普段とは違うところでコミュニケーションをとりたいと思いながら続けていましたがまた少し雰囲気が変わることになります。

私の人生の中で「先生」と名のつく方との関わりは大きくて、ピアノの先生は私が4歳から先生がお亡くなりになるまで習いました。幼稚園の時の先生が大好きで、私も保育科で幼児教諭免許を取得しました。教育実習では先生の声を聞いていると時代が遡った気がして嬉しくて本当に楽しい思い出です。

私が1年だけ働いた幼稚園の生徒が就職するくらいの歳になりました。教師になるか迷っていて、「先生になってから悩んだらいい。ならなかったらいつか後悔するよ」と心からアドバイスできました。私の子供にもこれからいろんな先生に会ってほしいと願います。


(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2009年03月30日 08:22

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2009年01月19日

教育ママ!?

谷口 ひろみ 12月頃、子供から「お父さんは少しずつ帰るのが早くなってきて、反対にお母さんは遅くなった」と言われていた。何と言われようが9月からの3か月間は美月のピアノの試験、発表会があり、本当にきつかった。練習に付きっきり。とりあえず毎日定時には帰り、練習に次ぐ練習からやっと開放された。結果はよくなかったけど誰に評価されるわけでもなく自分自身で納得して次への抱負ができた。子供のことなのに真剣に取り組む自分が怖いと思うときがある。教育ママといわれる方の気持がわかる。こどものできは親の努力次第だとつくづく実感した。

子供から「小さい時はどんなゲームしてた?」とたずねられて、「ゲームもなかったし、テレビもあまり見なかった。」と答えると「ふーん。」と言われた。わかっているのかどうかお互いの状況は全く違うので私も子どもの気持は本当にわからない。だからこそ一緒になってがんばれるピアノに熱中しようと思う。子供には迷惑かもしれないけど、4月からレッスンを1日増やす予定です。


(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2009年01月19日 09:58 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2008年11月10日

氏神さんのお神輿

谷口 ひろみ 先日氏神さんの子供神輿が無事終わりました。今年は子供会の役員になっているので年中行事の最大イベントに係わりました。 朝のお祓いから始まり今年は大人の本神輿も同じ日だったので神社では本神輿と4町の子供神輿でお祓いを受けました。本神輿は5町の輪番制で朝から夕方まで巡行します。子供神輿は町内だけを3時間ほどかけて巡行しました。6年生は太鼓練習があり当日は叩きながら巡行します。大人でも3時間の巡行はきついのに子供たちは文句も言わず元気に歩きます。地元の方にお世話になったり、話すことができて新鮮に感じて楽しめましたが、こだわり屋の私にとっては何のための神輿巡行なのか聞けなかったことが残念です。まだ5回チャンスはあるので来年は誰かにたずねようと思います。

(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2008年11月10日 09:46 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2008年09月01日

決めた。その後

谷口 ひろみ 今年1月から娘の音楽教室の付き添いをやめることにして半年が過ぎ、今は復活させています。というのは娘の状況がわかっていなかった。私が理解できていなかったことを痛感させる出来事がありました。6月の授業参観に行ったところありえない姿を見てしまいました。他の子どもは1列に机を並べて授業を受けているのに私の娘だけがなぜか友達と机を並べて座り、しかもおしゃべりをしている。ざわついた雰囲気の中、どれだけ私が衝撃を受けたか、その後は頭に血が上り仕事に集中できませんでした。帰ってから娘と2時間かけて話し合い、こんなに真剣に娘と話したことは今までありません。成長過程だと思い自己主張をしてもそれなりに多めにみてきましたが、学校生活において態度、姿勢がそんなに乱れていたとは感じずに、私自身が考えなおし、まだまだ距離を置くのは早すぎたと思います。

(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2008年09月01日 15:17 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2008年06月23日

谷口 ひろみ 叔母さんの長男、私にとっては従兄が突然東京からやって来た。連絡があったのは前日に叔母さんから。父のお参りにわざわざ東京からと思いながら、そう言えば従兄は大学も京都へ来ていたので愛着があったのかも。就職もそのまま神戸で、転職で東京へ戻って2年前に結婚していた。当日外から帰って来ると、家の前にベビーカーが置いてあり、家に入ると1歳2か月の子供が一緒だった。奥様とも初めて会って20年位ぶりに従兄に会った。やっぱり父の面影があってこわいくらいで、しかも従兄も子供が父に似ていると感じてどうもお参りのことが気になったようで・・・

なんといっても不思議なのが、まず私の1番上の姉の子供の名前が始(はじめ)くん 私の子供の名前が元文(もとふみ)でやって来た従兄の子供の名前が元(はじめ)くん。不思議な縁をまた感じてしまった。来年のゴールデンウィークには必ず東京へ遊びに行きますと言いきって私的にはものすごく都合のいい計画も加わりました。


(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2008年06月23日 09:39 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2008年04月14日

谷口 ひろみ 年度末、決算ほか3月はあっという間に過ぎました。忙しくて忙しくて・・・その時期、下の子供は保育園を卒園してお迎えに行かなくてよくなってゆっくり仕事ができました。本当にうまくいくようになっていると思います。4月に入り、この時期からが1年で1番忙しくなります。醍醐寺の桜も見に行きたかったけど気がついたら見頃も過ぎて来年こそと思います。どうも仕事の効率が悪くなってきたのか仕事量が単に増えていっているのか先を予測して進むことが難しくなってきています。 4月は私の誕生日です。嬉しいことはありませんが、この1年どうだったかみつめて、新しい1年をより充実したものになるように努力したいと思います。

(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2008年04月14日 08:58 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2008年01月21日

決めた。

谷口 ひろみ 今年から娘の音楽教室の付き添いをやめることにしました。 もう3年目になりますが、本人が習っている意思が少ない、練習を自分から進んでしない、 練習を始めれば口げんかになる。私にとっても大変なストレス。音楽教室からは家での練習をしっかり見てあげてほしいと言われているので、本人が練習してから聞くことに変えます。子供が大きくなるにつれて関わり合いが難しくなりました。上の小2の娘は言葉で抵抗するようになり、下の年長の息子は気に入らないと、ものにあたったり、部屋に閉じこもったり、まわりの大人はそれぞれ違う思いで接してしまう。何が正しいのかわからない状態。このままどうなるのか予測できないところが仕事とは違い、いつか楽しかったと思えるように私も変わろうと思います。

(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2008年01月21日 01:59 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2007年10月29日

10数年見続けている映画

谷口 ひろみ 今日の新聞の訃報欄に女優デボラ・カー(享年86歳)とあった。正直なところ生存されていたことも知らなかったほどで申し訳ない。というのも私が初めて「めぐり逢い」という映画を見たのが1990年頃。その映画が1940年代に制作されたもので、50年前の映画なのにとても感動した。今でも週末になると掃除をしながら音楽や雰囲気を楽しんだりする。元々はある映画に出てくる映画で主演者がとても感動するシーンがあってどうしても見たくて探していたら深夜にたまたまTVで放送された。それからずっと現在まで見続けている。何回みても全く飽きない。父がいた頃にたずねたことがある。「なんで昔のアメリカ映画ていいんやろう」と。そうしたら父が、「その頃のアメリカが豊かで、制作されたものもよい。人間の豊かさがいいものをつくる。」その時の会話は、とても素直に納得できて鮮明におぼえている。つくづく私は父からの影響をかなり受けて育ったらしい。

(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2007年10月29日 01:50 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2007年08月06日

盆踊り

谷口 ひろみ美月は今年の夏、初めて盆踊りに参加することになりました。誘ってくれたのは美月の友達のおじいちゃん。私はこのおじいちゃんとは付き合いが長く、前の職場がおなじ会館で仕事上でもいろいろとお世話になった方です。今年80歳になられたのですが私の父と同じ歳。不思議な気がします。美月とお孫さんの綾ちゃんは保育園から仲良しです。綾ちゃんが一人では嫌がるので美月を誘っていただいたそうです。正直なところこの盆踊りは大人の女性だけの団体で踊られることが多くて、一般の人が踊るのを見たことはありません。私たちには関係ないと思っていましたが、やはりおじいちゃんの気持ちを考えると、「やめておき」とは言えず参加させることにしました。人との縁は大事にしたいもの、ここまで繋がっているのにはきっと理由があるはずと思ってしまいます。

(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2007年08月06日 11:28 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2007年05月14日

ゴールデンウィーク

谷口 ひろみ中学時代の友達とは年に2回程会います。クラブ仲間で4人。今でも続いている大切な友達。3人は既婚。そのうち二人は朝が弱くて、今回も二人が来たのは予定より30分遅れで、待ちながらそういえば昔からと思い出した。近況を話し合いながら食事していてもみんなそのままマイペース。挙げ句の果てには山崎パンの応募の締め切り日の為に途中でスーパーに買い物に行き、おみやげに食パンを一斤もらって帰った。日常では考えられない展開に「こんな事があってもいいんやなあ。」とつくづく感じて面白かった。周りのみなさまへ毎日窮屈な私でごめんなさい。と改めて感じた。でも契約に行って領収証を忘れてとりに帰る位の出来事。やはり私は倍の準備の時間をかけても1回で終わらせたい。

(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2007年05月14日 02:37 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2007年02月19日

毎日のわたし

谷口 ひろみ朝、家を出て12時間後に帰宅。食事、お風呂、睡眠6時間。このペースを5日続けて週末2日間、家でもスケジュールをこなしていく。何とも変化なく当たり前の毎日のようですが、これがわたしにとってはベストコンディションです。 主人と子どもはテレビが好きでなかなかお風呂に入りません。小学校1年生の娘には1日は24時間しかないやろ。みんな同じなんやし、やることしっかりしなさい。と口癖のように話しています。口うるさい親ですが、気の持ち方もおしえたいと思うのです。 毎日の基礎があってこそ急な事もクリアできることがわたしの自信でもあります。常にベストコンディションがベースでありたい。もっと上を目指すために今年はよいベースをあたり前に作りたい。努力ではなく習慣付けを心がけたいと思います。

(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2007年02月19日 01:49 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2006年11月27日

多分。さてね?

谷口 ひろみ最近娘と話していて言われた言葉です。
多分は「学校おもしろい?」とたずねてかえってきた。
さてね?は「いまごろ家で弟はなにをしているかな?」とたずねてかえってきた。
確かにつまらない質問だったかもしれませんが、答えられて私はすごく腹が立って、「もっとましな返事はできひんの?クラスの友達とそんな会話をしていたら話が続かへんやん。」と話しましたが、どうでしょう。こどもたちの間でも普通にこんな冷たい話し方がと思うと怖くなりました。相手の人のことを考えるように育てたい。側にいるあいだは注意したいと思います。親の思い込みかもしれませんが、いつか気がついてくれると願っています。
このところ、子どもにたずねられて困ることがあります。「お母さんは何になりたかった?」「小さい頃から幼稚園の先生になりたかった。」と正直に答えたいのですが、私が幼稚園の先生だったことも子どもにはまだ知らせていないし、いつかは話そうと思います。

(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2006年11月27日 01:30 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

2006年09月04日

夏休み

谷口 ひろみ娘が小学校に入り、初めての夏休みです。毎日学童に行きましたが、海、映画、プールなどいろいろ出掛けました。子どもたちには何が面白かったかはたずねていませんが、7月の終わりに家族旅行しました。今年のお正月に姉妹で食事しているときに何気に決めて、4家族14名で天の橋立、伊根へ行って来ました。子ども中心のプランで、船に乗ったり、牧場に行ったりのんびりできました。ものすごく感じたのが姉妹のDNAは歳をとっても結婚しても変わっていないこと。食事していても飲んでも静かで、マイペースで、子どものころが懐かしく思えました。私は4姉妹の1番下だったのでみんなを眺めていた状態でしたが、子どもの頃からご飯の時はTVを消して話しながら食べるのが楽しかったです。どんなことでもじゃんけんやくじで決めたりするので納得できました。決める過程を楽しんでいたのかもしれませんが・・私の子どもはTVをみながらご飯を食べるので、私とおばあちゃんが話すと「聞こえへん」とか言われて静かにしています。

(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2006年09月04日 21:15 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 谷口ひろみ ]

 
PAGE TOP