2014年09月12日

「たるたに」が行く!

樽谷 徹
今日は、以前にも開催をしてもらいました東京海上日動の「安全運転講習会」を行うために徳島県へ。今回は2回目の開催ということで、前回の倍以上の従業員さんに集まって頂きました。本当にお忙しいところ有難うございました。

今回も安全運転を心掛けて頂くことを目的に、より一層の事故の削減に力添えができればと想い、開催のお手伝いをさせて頂いた次第です。

講習内容を前回と少し変更してもらいつつ、画像と解説をより分かりやすく進めてもらったことで、きっと従業員さんにも安全運転=事故の減少との認識がより高まったと感じました。
お忙しいところ貴重な時間と大きな会場を使用させて頂き有難うございました。また、開催にご協力を頂きました皆さんに感謝いたします。本当に有難うございました。


講師:戸田さん 東京海上日動保険(株)
オブザーバー:樽谷 アイディーリンク

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2014年09月12日 09:50 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2014年06月18日

「たるたに」が行く!

樽谷 徹
今日は年に数回訪れる徳島へ。ここ数年は一番早く到着できる阪神高速北神戸線を活用し約2時間半の運転です。その後、お客さんが運営をしている「活け魚 魚厳」さんで、昼食。このお店は当然のことながら魚料理がおいしく、結構、量が多いのですが無事日替わり定食を完食し、いつものお客さんの本社へ向かい商談をした次第です。本日の商談はいくつかの打ち合わせ事項があり長時間にわたりました。その打ち合わせにお付き合いを頂きました各担当者の方、お忙しいところ本当に有難うございました。


※徳島へ行かれた際には是非お立ち寄りください。
「活け魚 魚厳」 uogen-tokushima.com
徳島県徳島市西新浜2-64-2



(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2014年06月18日 15:47 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2014年05月26日

「たるたに」が行く!

樽谷 徹
今日は、いつもお世話になっています、宇治のラーメン店で昼食。店長さんは夕方以降の出勤につきお留守でしたが、いつものスペシャルを美味しく頂きました。
このお店には、たまにしか来てはいないのですが、不思議と知人、友人に会うことが多いのです。実はこの日もカウンター席で食べていますと、となりの席に子供の友人のお祖父さんが来られ、お互いにびっくりしつつも、いつものように子供たちの野球の話を少々交わした次第です。このお店は、それだけ地元に密着しているということなのでしょうね。ちなみに開店後23年も経っていると、あとで店長さんに聞きました。
これからもよろしくお願いします。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2014年05月26日 10:57 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2014年03月13日

「たるたに」が行く!

樽谷 徹
今日は、顧客サービスの一環として東京海上日動の「安全運転講習会」と題して徳島県で有名な葬祭業のお客様へ。お客様へのサービスでこのような会を開催するのはお客さんもそして自身としても初めての試みです。目的としましては安全運転を心掛けることによって事故の削減を達成し、その結果、事故が減少することによる効果を参加者皆さんに理解して頂き、そのためにもまずは安全運転への気付きや意識の向上を目指します。
おかげ様で多数の従業員の方々にご参加を頂き、かつ真剣に聞いて頂きました。お忙しいところ貴重な時間を頂戴し本当に有難うございました。また、このような会を推奨して頂いた役員の皆様にも本当に感謝致します。
今後も、講習会を定期的に開催し、事故が少しでも減り、この会社の発展に一助になればと思います。


講師:遠藤さん 東京海上日動保険(株)
オブザーバー:樽谷 アイディーリンク




(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2014年03月13日 10:44 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2014年02月25日

「たるたに」が行く!

樽谷 徹
先日、日頃から保険の契約をはじめ、以前は損害保険代理店としてもお付き合いをして頂いていた名神ゴルフセンター様へ寄せて頂きました。
社長さんは、そもそも保険の代理店をされるぐらい保険に関して強い興味をお持ちで、その縁で今日までお付き合い頂いています。また、その縁もあって、下記のようなポスターを張らせて頂くことになった次第です。ありがとうございます。
さて今やゴルフ界も世界で活躍されるプレーヤーがどんどん出てきています。ゴルフ好きの皆様も励みになり、また夢や目標を大きく持たれることと思います。そのような想いの実現のために施設が充実で有名な、「名神ゴルフセンター」を是非ご利用ください。

名神ゴルフセンター http://www.meishingolf.co.jp

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2014年02月25日 16:38 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2013年12月20日

「たるたに」が行く!

樽谷 徹
今日は、約20年のお付き合いになります、鳴海餅本店社長との損害保険のお打ち合わせに参りました。この年の瀬の忙しい時に時間を取って頂き感謝です。お打ち合わせ内容はさておき実は社長とは同い年なのですが、落ち着き感は全く違います。自身は落ち着き感が全くありません・・・。ですが、これからもよろしくお願いします。

今年も残りあと僅かです。お正月のお餅・お祝い事のお赤飯は是非、「鳴海餅本店」でご用意を!!


鳴海餅本店 http://www.narumi-mochi.jp


(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2013年12月20日 10:35 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2013年12月03日

「たるたに」が行く!

樽谷 徹
今日は、明石海峡大橋を渡って徳島県で有名な葬祭業のお客様へ。
今年は2回目の訪問で、ご担当部長との久しぶりの面談にて、この日の晴天と同様に無事、ご契約を頂きました。有難うございました。さて、今日のお昼はそのお客様が経営されておりますラーメン店「徳島ラーメン 大孫 川内店」へ行って参りました。おいしく頂きました、重ねて有難うございました。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2013年12月03日 10:39 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2013年11月11日

「たるたに」が行く!

樽谷 徹
先日、久しぶりに「ビストロ オブリン」へ行って参りました。シェフとは高校時代からのお付き合いで、今では1年に数回、保険の話をする間柄です。
今回は特に用件があったわけではなく、ただ、昼過ぎにオムライスを食べに・・・。普段通りに仕事や家族の話、そして今流行りの有名百貨店での誤表示の話題と多少の社会的な世間話をし、楽しく過ごしました。
オムライスも、美味しかったです。

ビストロ オブリン  http://www.oblin.jp

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2013年11月11日 10:10 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2013年03月04日

再生と復活の年

樽谷 徹
今年も早や3月に入りました。今更ながら今年は巳年で自身は年男であります。
巳という字は、胎児の形を表した象形文字で、蛇が冬眠から覚めて地上にはい出す姿を表していると言われ、「起こる、始まる、定まる」などの意味があるそうです。
また、蛇は脱皮をすることから「復活と再生」を連想させ、餌を食べなくても長く生きることから紙の使いとして崇められ、全国各地に蛇神を祀っている神社があるそうです。
巳年の特徴は探究心と情熱。蛇は執念深いとされ、恩を忘れず、助けてくれた人には恩返しをすると言われているそうです。

このような解説をふと読み返しつつ、今年は「再生と復活の年」になるよう執念深く何事にも取り組んでいこうと改めて思いました。それと、恩返しも忘れず・。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2013年03月04日 10:04 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2012年08月20日

台風や大雨での災害

樽谷 徹
昨今の台風や大雨で災害が続き、被害を受けられました皆様にはお見舞い申し上げます。さて、災害が比較的少ないとの印象の京都府内におきましても、今年は京都市北区辺りや亀岡市方面での災害があり、そしてこの8月におきましては宇治市を中心に大雨の災害が発生し、本当にびっくりしています。宇治市は自身の地元でもあり、40年近く住んでいますが、今までにこのような床上浸水が身近な所で、ましてや命にかかわるような大雨での災害は記憶に無いように思います。またテレビニュースで報じられている場所のほとんどが身近なところで、あの場所が・・・。というのが正直な感想です。

そんな中、このような災害の発生を止めること、またその被害状況を極力、少なくすることは自分たちでは直接できないことではあるかもしれませんが、それらの被害による損失を想定した保険のご提案、そして万一の際の保険金お支払いでのフォロー、それと人としてのケアはできるのではないかと考え、想いながら今もこれからも対応できたらと思います。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2012年08月20日 09:40 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2012年01月10日

少年野球生活

樽谷 徹
今年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、長いようで短く感じた少年野球生活も先月の卒団式にて無事終了いたしました。野球を通じての子供とのふれあいをはじめ、たくさんの人達と感動や喜び、心から悔しいといった感情を共有することができ本当に感謝しています。関係者の皆様、本当に有難うございました。

この3年間で子供もそれ相応に成長し、自身も今まで経験したことの無いような喜びもありました。振り返れば数え切れ無いほどのエピソードが思い出されます。

例えば、体験に行った時の親子揃っての緊張、子供の初ヒットや好プレー、チームの初メダル獲得や好ゲームの末のサヨナラ勝ち・・・。自身においては、監督代行をさせてもらったり、ぎっくり腰が再発したり、選手の打球がまともに目に直撃し目を真っ赤に腫らしたり、夏の暑さゆえに気合い半分・ジョーク半分で頭を坊主にしたり・・・。

このような少年野球生活を家族全員人生の1ページとして大切にし、そんな中、自身は年が明けると共に次のステップへと切り替えようと考えていましたが、何かとなかなか前へ進まず、取り急ぎ公私ともに身近な所からの整理整頓に励もうと考えています。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2012年01月10日 10:19 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2011年07月11日

子供の野球の出来事

樽谷 徹
またもや子供の野球の出来事ですが・・・。久しぶりに感激しました。
某大会において、粘り強く勝ち進むことができ、いよいよメダルがかかる準決勝戦。(決勝戦に進み優勝は金メダル、準優勝は銀メダルがもらえるのです。)相手チームは、以前に練習試合をしたりと仲良くお付き合いをしてもらっており、また実力のあるチーム。お互いに何とかメダルをと願いつつ準決勝戦の試合に入りました。

初回、先攻の相手チームに長打と連打でいきなり4点を先制され、厳しいスタートとなりました。が、うちのチームも初回裏に1点、2回裏に2点とそれぞれツーアウトからしぶとく得点し、3対4のまま中盤へ。中盤はお互いにチャンスを作るも無得点。

後半、またもや相手チームの長打を足がかりにミスも重なり2点を献上。6回終了時で3対6・・・。時計を見ると残り時間も無さそう・・・。(少年野球は時間制限があるのです。)小学生の高学年の野球ともなると1イニングで3点もしくは4点は・・・厳しい。万事窮すか・・・?と、試合後ミーティングの敗戦コメントが脳裏をよぎっている中、何とか次のイニングの7回(最終回)へ突入。

ここで、7回表の相手の攻撃を凌げば、裏のうちの攻撃は1番からの好打順。まだまだチャンスはあると期待している間に相手の攻撃を無事凌ぎ、裏の攻撃に入れました。

先頭の1番I.K君が四球、2番M.S伍君がセンター前でつなぎ、こうなるとベンチも大いに盛り上がり、当然この場面、押せ押せのノーサインにつき監督さんは子供たちに混ざって応援に回り、その甲斐あって3番M.K騎君が右中間奥への3塁打、これで1点差のノーアウト3塁。続いて、4番A.K斗君が打席に入り、ここで1本出れば、負けの無い同点・・・。続け続けと願っている最中に相手のバッテリーミスで、3塁ランナーがホームインでついに同点。

さぁこれで負けも無くなり抽選か、それともサヨナラ勝ちにもっていけるかの瀬戸際で4番A.K斗君がボールを見極め四球でノーアウトランナー1塁、まさにサヨナラへのチャンスが広がりました。ここで、5番M.S平君が打席に入り、6番・7番と続く打線に声を掛けている矢先に、その5番M.S平君がレフトの頭を越す3塁打で、1塁ランナーが長躯ホームへ・・・・。見事な集中打で逆転サヨナラへ。

盛り上がった試合内容と決勝進出イコールメダル獲得が決定しチーム全体が歓喜に包まれました。感激のあまり垂直跳びが20㎝程しか跳べない自分がこの瞬間は50㎝ぐらい跳び上がったように感じました。

その後の決勝戦はでは残念ながら敗れ、銀メダルに終わりましたが、本当に子供の野球は面白いです。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2011年07月11日 10:44 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2011年01月24日

2011年

樽谷 徹
2011年、今年も始まりました。とはいえ、もう2月そして3月と・・・、やはり月日が経つのは早いものです。今年は卯年ということで「前へ前へと跳ねる年」にしようと考えています。そう考えながらも日に日に体力の衰えを感じつつ、あと数年もすれば50歳・・・。人生の半分を過ごしたことにより、単純に考えますと、これから過ごしていく事柄より振り返って思い出す事柄の方が多いということになります。

ふと、このようなことが頭の中をよぎりましたが、立ち止まったり、変化を求めなければ衰退してしまうので、これからもそして今年も前へ前へ進んで行きたいものです。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2011年01月24日 09:43 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2010年09月27日

暑い夏

樽谷 徹
暑い、暑い、暑い・・・。今年の夏は本当に暑かったですね。その夏もようやく終わりホッとした感のある9月となりました。さて、実は7月頃から夜型の仕事の流れを変えようと努めていた矢先に体調を崩し、その後この暑い夏を迎え、おたふく風邪を子供からもらったり持病の腰痛が再発したりと毎週のように内科、整形外科、歯科等々と病院通いが続く日々を過ごしていました。それに加え35度を超える猛暑日の連続で、もうフラフラでした。
せっかくの夏休みだったのに結局、海水浴も行けずじまいで家族には申し訳なかったなと思います。

そんな中、子供にとっては、ロングラン(リーグ戦・決勝トーナメント戦 計:11試合)の非常に厳しい大会で初めて金メダルが取れて良い思い出ができた夏休みではなかったかなぁ・・・と都合の良いように考えています。

来年はもう少し涼しい夏を期待します。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2010年09月27日 10:17 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2010年06月07日

人生初の監督

樽谷 徹
去るGW期間中のことですが、諸事情が重なり代行ではありますが人生初の監督(少年野球ですが)をすることに・・・。
それもこのチームで初の決勝という大舞台でしかも相手は優勝候補の常勝チーム、そして3週間ほど前にそのチームとの練習試合では2-19にて大敗をきっしている・・・。非常にプレッシャーのかかる大事な試合での大役ということで、家族全員に反対され、困惑ムードの中、「頼まれる内が華」と自分に言い聞かせ反対を押し切り、かつ自身の人生の思い出の1つと考えて決勝当日を迎えた次第です。
当日、借り物の大き目のユニホームに袖を通し試合前のアップやミーティングの段取り等々、無い知恵を絞りつつ、みっともない試合にならぬよう選手(子供たち)にはハッパをかけ自身も集中しながら段取り通りアップを進めました。
そんな中ユニホームが大きすぎておかしくないかなぁ・・・。っといったことも全くもって気にする余裕もないままに、いよいよ決勝戦のグランドへ。
決勝戦ということでチームの代表やOBの方々も観戦に来られ逆により一層のプレッシャーを感じつつも試合にのみ集中し、選手を信じ、最善のプレーを引き出せるようもっていこうと腹をくくりました。
試合の展開は、初回に1点その後の4回に1点を取られ押され気味ながらもピンチをピッチャーM・S平君を中心に最小失点に抑え、こちらは2回裏にチャンスを作りながらも抑えられ0点。いよいよこれからという後半の5回に2点を追加され0-4。このままでは、後半ずるずると点を取られ0-7とかで負けるのではと頭をよぎっていた5回裏にクリーアップの長打に相手のミスも重なり3点を取り返し、優勝候補相手に1点差、これはもしかしたらもしするのではと・・・。期待が膨らみながらの6回のピンチも何とか0点で凌ぎ、ついに6回裏ノーアウトでランナーが1塁に出塁、7回裏の攻撃を見越してまずは同点をねらいに手堅くバントのサインで無事バント成功と思いきや1塁ランナーが2塁をオーバーランしており結果的にはダブルプレーとなりかつ後続も断たれ、あえなく0点。
ここで気を取り直して7回表の相手の攻撃をきっちり3人で締め、再び1点差の最終回の攻撃。何でも良いからランナーに出てくれと願いながら声を張り上げていたら、なんとワンアウトから四球で一人ランナーが出てくれました。ベンチでは「よっしゃー」の連呼、ここで、すかさず盗塁のサインできっちりランナーは二塁へ盗塁成功。延長戦も視野に入れ、まずは同点を目指しバッターを呼び気合を入れたが、残念ながらピッチャーフライでツーアウト。相手もプレッシャーがかかるこの場面、案の定ワイルドピッチでツーアウト三塁。このランナーが返れば同点の場面でバッターを落ち着かせようと呼び気合を入れたが、健闘空しくピッチャーゴロで万事休す。残念ながら結果は準優勝。ただ、彼らは彼らなりの想いが有り、ミーティングもしっかりできないくらい全員が悔し涙を流し、こちらがもらい泣きするぐらいの悔し涙でした。
この大会でこのチームで初の銀メダルを獲得し、悔し涙を流した3日後にこの優勝チームに勝利してリベンジした彼らを一保護者として誇りに思います。

改めて、子供と触れ合うことで親も学んだり新たな発見があると再認識したGWでした。


(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2010年06月07日 10:23 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2010年02月15日

龍神さん

樽谷 徹
現在の住居に住んでから10年程経つのですが、家から徒歩15分程の所に龍神総宮社という宗教法人があるのを改めて知りました。以前から「龍神さん」と呼ばれていて、何かのイベントで貴乃花親方が来るとかの看板が出てたり・・・と、正直「何の神社なんやろう?」と少しばかり気にはなっていたのですが・・・。
その貴乃花親方が節分の豆まきに来られ、ちょうど大相撲の理事選挙後だったようで、結構すごい人だかりであったそうです。
また、3月の大阪場所おいては貴乃花部屋の宿舎になるそうで、近所の親御さんに聞いてみたところ、立派な土俵もあるそうです。
正直なところ「へぇ~」って感じですが、最近では新たな看板が出ており、2月14日から3月一杯滞在されるとのことで、また貴乃花部屋の朝稽古が見られるそうです。

まだ、貴乃花部屋には関取と呼ばれる力士はいなかったと思いますが、朝稽古を一度見てみたいなと考えています。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2010年02月15日 09:51 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2009年11月24日

小さな文字が見えなくなってきました…

樽谷 徹
すっかり、朝晩が涼しくなり、早や年末年始への準備が始まる時期がやってきました。(既に始まっていますが・・・。)カレンダー・手帳の準備、年賀状、忘年会・新年会、などなど。
この時期になると本当に1年が経つのが早いなぁと感じます。
ここ数年、これと言って自身の変化を感じることも無かったのですが、この1年で特に変化に気付いたのは目です。たぶん老眼なのでしょうが、小さな文字が見えなくなってきました。
今まで、目や視力であまり困ったことが無かったのですが、字が読みにくくなったことで、たまにイラッときたりと少々不便さを感じつつ、視力の良くない方は毎日こんな感じなんだろうなと思います。
そんな中、来年からは眼鏡をかけるかもと考えながら、でも似合わないのでやめとておこうかなと現在も思案中です。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2009年11月24日 10:41 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2009年09月07日

少年野球の審判

樽谷 徹
子供の成長と共に親として色々なことを体験する機会が増え、楽しんでいければと考えています。そんな折、少年野球に携わるようになり、早や数ヶ月。多少の野球経験はあるものの、前々から試合の審判がどうも苦手で、たぶん判断というか見ているポイントが悪いのだろうと思うのです。チームに入ってから公式戦が始まれば塁審につかないといけないことも知り当然のことながら全く持って不安でありました。少年野球の公式戦ではチームの親(監督・コーチを含む)が他チーム同士の試合の塁審をやるようになっており、こんな自分もこの数ヶ月の間に塁審をもう既に覚えきれないぐらいこなしました。最初の塁審の日は少々ブルーモードでしたが、ちょっとしたマニュアルがあり、「ボールから目を離さないこと」、この言葉通りに集中していますと思っていたよりは無難にこなせ、ポイントはここやなと遅まきながら気がついた次第です。まさに灯台下暗しです。
ところが、やはり緊迫感のある試合展開ややる気満々の親御さんが揃っているチーム同士の試合は、少々ドキドキするのも事実です。
また、過去の多少の野球経験が、自分にとって良いのか悪いのか時には練習試合では困ったことに主審をする試合もあるのです。(公式戦ではないので、連盟の主審はおられません。)野球のルールも詳しくなく、ストライクゾーンもあいまいなこの自分がです・・。

とはいえ、このような経験をされている親御さんが現在にも過去にもそしてこれから向かえるであろう方々が大勢おられるわけで、自分もあと数年このような状況が続くのは間違いないわけですから、楽しんでやりたいですね。(でも、まだ主審はちょっと苦手ですが・・。)

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2009年09月07日 09:42 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2009年06月29日

子供の野球

樽谷 徹
梅雨入りしましたが、しとしとと降る雨が降ったような記憶がここ最近無いのですが・・・。そのお陰と言っては何ですが、子供の野球の試合も毎週のように組まれ練習、練習手伝い、そして試合観戦などなどと続く週末を送らせてもらっています。
子供らのチームも野球が特別上手いとは思いませんが、少しずつできなかったことができるようになったり、試合に勝つことで成長しているようにも感じます。
そんな折り、1日だけ社会人野球の関係で京都府野球連盟の役員さんのお手伝いに参加させてもらい、グランド整備から表彰式の用意、そしてメインである駐車場の係員をこなす合間に都市対抗野球大会の京滋奈予選決勝リーグを観戦していた次第です。
子供の野球とは当然比べ物にならず、京都・滋賀・奈良からの社会人を代表するチーム同士の試合に野球に対する真剣な取り組み方やプレーを見ることができました。
また先日は、阪神タイガースVS横浜ベイスターズの試合を観戦し、やはりプロは全然違います。体格やその体格から繰り出されるスピード感は、何とも比べようがありません。本当に野球観戦などで体力を消耗した6月でした。

最後の週末も子供のチームが勝ち残っているので、雨でなければ野球観戦となると思われます。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2009年06月29日 09:37 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2009年04月13日

花粉症?!

樽谷 徹
先月は3月、いわゆる年度末であったわけですが・・・。今年も例年以上に追い込みに必死になり、3月15日以降の平均睡眠時間は約3時間ぐらいで活動をし、またまた今年度?回目かの事務所移動も業務に支障がでないようにスタッフ総出で執り行い、おかげ様で何とか無事に09年度4月を迎えました。その甲斐あって?4月に入ってから、かぜっぽい頭痛に見舞われ「あーあ何年か振りに風邪をひいたかなぁ・・・。」てなことを感じている矢先に土砂降りの中での子供の野球の観戦と・・・、「間違いなく風邪をひくやろな」と思い、いつもの自分流の風邪引き始めの治し方をし(単純に熱いお湯のお風呂にのぼせるくらい入り汗をたくさんだすだけのことです。)、風邪らしき頭痛を退治した次第です。


ところが、今週の中盤ぐらいから、風邪は退治したつもりなのに鼻水が止まらず、また度々くしゃみもでてきて、もしかしてこれは・・・花粉症?
花粉症とは無縁だと勝手に思っていたにも関わらず、症状的には花粉症のようです。悲しいかな夕方から夜にかけてのデスクワーク時には鼻にティッシュを詰めてやる始末。(人様には到底見せられないような状況で作業しています。)


ところが自分自身ちょっと変わったところがあるので、しばらくは、もしくは今後もそうかも知れませんが、相変わらず自分の中では自分が花粉症とは認めず、単なる風邪の延長線上であろうと自分にとって都合よく考え、たぶん治療も受けないで熱いお湯のお風呂に入ろうとするのではと思っています。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2009年04月13日 13:46 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2009年02月02日

働き盛り

樽谷 徹
2009年も2月に入りました。今年は特に11月中旬から~1月にかけて年末年始行事や業務を含め非常に慌しく、正直何かわからないままに時間が過ぎて行き、今こうして考えてみますと「もう2月になったんだな」というのが感想です。


我々の業界の再編や保険年度末に向けての業務改善や目標達成への進捗また日常業務などなど、そして家族との目標・・・。と、やらなければならないことが、当然のこととして慌しくあるわけですが、そんな中、いつも感じているのは、そういう年代になったんだな、また、責任ある年頃になったんだなと感じています。正直、中身はあまり、たいしたことないのに・・・世間一般的には、それ相当のいわゆる働き盛りになんだと・・・。


ただやはり、慌しく働き活動できることに感謝し、より上を目指してより良い人生が送れたなと思えるよう前に進んでいきたいと思います。


ちなみに4月で44歳になります。まだまだ、これからも、働き盛りです。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2009年02月02日 19:19 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2008年11月24日

「イチローの少年時代」

樽谷 徹
先日、「イチローの少年時代」著者:鈴木宣之という子供向けの本を読みました。というのも、実はこの本は7月の子どもの誕生日に買った本なのですが、気にはなりながら今の今まで読んでいなかったのです・・・。(子どもは既に読み終わっていたようです。)
この本は題名の通り、現在、大リーグで活躍しているイチロー選手の小学校当時の話でかつ内容も非常にわかりやすく読み仮名付きの本なので子どもに渡した本でした。大きな夢を持ち、それに向けて努力することが大切でまたすばらしいことであるということが、イチローの少年時代を振り返りながら父親である鈴木宣之氏が本にされています。純粋に野球が大好きなイチローと野球を楽しみながらうまくなっていけるようにと一生懸命サポートする父親の姿がよくわかり感心しました。
同じような結果を見出すのは大変難しいかもしれませんが、大きな夢を持ちその夢を実現できるように努力することは老若男女問わずだれにでもできることかも知れません。自身も年齢的に人生の約半分に来ましたが、また新たな夢や目標を持ち、そして子どもはまだまだこれからです。大きな夢や目標を見つけ前へ前へと向かって行きたいものです。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2008年11月24日 10:22 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2008年09月29日

親子ドッチボール

樽谷 徹
先日、週3日、子供(小3)が行っている育成学級の親子交流会というのが開催され、今年、初めて参加しました。ビンゴゲームと親子ドッチボールそして和太鼓観賞といった内容でした。この中で、ドッチボールに出なければならないようだったのですが・・・。小学校以来ドッチボールはしていなかったので(小学校の頃はまあまあ自信があったのですが今となってはできるかどうか不安で・・・)、流れの中で、出なくても良い空気にならないかなぁと正直、考えていました。ところが、子供や妻に諭され、出場することに。子供といっても4年生ぐらいになると結構、速いボールを投げますし、また2球のボールでやるみたいで「やばいなぁ」と思いながらの出場でした。
早速、子供の男子チームとお父さんチームとの対戦が始まったわけですが、開始早々ボールを拾いボールを外野に投げたまでは良かったのですが、投げた後すぐに子供チームにもう1つのボールで当てられ、あえなく外野へ・・。ところが、外野では当てられることがないもんですから、いわゆる投げるだけなので、徐々にヒートアップし子供相手に本気で当てにいき至近距離からでも思いっきり当ててました。(大人気ないかもしれませんが・・・。)
ちなみに他のお父さん方も、結構本気モードでしたので、お父さんチームの完勝となったわけです。
自身としては、子供相手ではありましたが勝った喜びと久しぶりのドッチボールで良い汗をかいたことによって少々発散になったかなと心の中で小さくガッツポーズをした次第でした。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2008年09月29日 15:22 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2008年07月21日

身に覚えの無い電話番号や携帯からの着信

樽谷 徹
暑い! 暑い! 本当に暑いですね。
この暑さとは全く関係の無い話ですが、3ヶ月ほど前に数回、全く身に覚えの無い電話番号や携帯からの着信が自身の携帯にあり、気になってその携帯に連絡を入れてみますと「△△さんですか」と逆にたずねられ、「いえ違います」と伝え、たぶん番号を間違われたんやなと判断し、その後、気にも止めていなかったのですが・・・。
ところが、その数日後、宮崎○○署から携帯に連絡があり、「△△さんですか?」「この携帯番号はいつから使っているのか?」「最近インターネットでの取引をしたことはあるか?」等等とたずねられ、どうもインターネット上で何かの商品を買ったか売ったかのトラブルで誤って自身の携帯番号が偶然使われたようです。そして警察としては△△さんを詐欺で追いかけているとのことでした。
自身としては△△さんではなく、また全く身の覚えも無い話だったので終わりだと思って流していました。

そうしたら、この暑いさなかにまた宮崎○○署から携帯に連絡があり、「△△さんを知っているか?」とたずねられ、「全く知りません」と伝えた次第です。

早くこの犯人が捕まって、電話番号下4桁0110から電話が鳴らないよう願いたいですね。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2008年07月21日 11:34 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2008年05月12日

2008年度

樽谷 徹
おかげ様で、IDLの決算そして、保険会社の年度末も終え2008年度が始まりました。(既に4月から始まっていますが・・・)
お正月と同様に新鮮な気持ちで、昨年度の反省や課題・問題点への取り組みを元に、今年度の目標を立てました。数値目標は当然のことながら、今までの歩みやこれからの人生を考えたときにふと感じたのが、様々な人々と関わりながら生活や業務に取り組んでいるのだと改めて感じました。
また、アイディーリンクという社名の由来にも理想的な人たちの集まりであり、関連していく集団との意味が込められています。
今年も様々な人々との縁を大切に、また輪を広げられるよう周りの方に喜んでもらうには何をすべきか考え・実行しながら取り組んでいきたいと思います。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2008年05月12日 12:06 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2008年02月18日

10数年ぶりのスキー

樽谷 徹
寒い日が続き、雪まで降り積もった日もあった2月ですが・・・。そこで雪ということで、思い出したのですが、実は来月、10数年ぶりにスキーへ行くことになったのです。
というのも、うちの子供が12月のクリスマスパーティー(妻の勤務先)のビンゴゲームにて、見事(?)にスキー場1日リフト券2枚を当て、子供は大喜びだったのです。が、場所が岐阜県ひるがの高原スキー場というところで妻が思うに「遠いし夫婦共に子供を連れて行ってスキーをし、子供にスキーを教えるほどのパワーもない」と考えていたので、「そのリフト券をだれかの商品と交換したらとか、だれかに譲ったら」と子供を諭していたのですが、結局、子供曰く「自分が当てたのだから持っておく」とのことだったのです。
でも、やっぱりその券をそのままにしておくのも、もったいないので、スキー上手な妻のおじさんにいっしょに行ってもらうことをお願いし、近場の奥伊吹スキー場に子供を連れて行くことにした次第です。
昔はチョコチョコとスキーに行っていた時もあって、準備もササッと出来ていたのですが、今は何を用意したらよかったっけ?みたいな感じで大丈夫かなぁというのが正直なところです。まぁ何はともあれ、おじさんについてきてもらうので、子供を茶化しながらゆっくりスキーをしようと考えます。

ところで、当たったリフト券はというと・・・。妻が友人に譲るとのことだそうです。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2008年02月18日 15:48 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2007年11月26日

同窓会

樽谷 徹
今年も残すところ1ヶ月近くとなり、毎年恒例の年賀状作成や忘年会などなど日頃の日常業務以外の作業や行事が増え、何かと慌ただしく感じる時期がやってきました。

そんな中、今年は一部の有志と共に中学校同学年の同窓会を開催することになり、自身も微力ながら有志の集まりである同窓会準備および実行委員としてお手伝いをさせております。

開催をすることにより、実に27年振りにお会いする先生や同級生がいると考えると自身もたいがい年齢を重ねたと思うと共にいざ会うとなったら、懐かしいというより照れくさいと感じるのが正直なところです。

当日はある程度お酒も入れば慣れてもくるでしょうし、また100名からの同級生が集まりますので、全員と話はできないとは思いますが、せっかくの機会ですから羽目を外さない程度に楽しめればと思います。

取り急ぎ、準備・実行委員会としては4年ごとに開催をするとの方針ですので、今回が第1回となるわけですが、無事開催され、皆に喜んでもられたらと願いつつ当日までの事前準備を取り組み、当日を迎えたいと考えます。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2007年11月26日 10:57 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2007年09月03日

皆既月食

樽谷 徹
先日の8月28日は、約6年ぶりに全国で皆既月食が見られ、観測しやすい時間帯の月食だったそうです。ご存知の通り、皆既月食とは月が地球のまわりを回っており、月が偶然、地球の影に入ってしまうことがあり、このとき地球の影に入った部分は太陽の光が当たらなくなるので、地球から見た月は影に入った部分が欠けて見え月食となり今回は月が地球の影の中にすっぽり入ってしまうので皆既月食になるそうです。
また、今回の月食を楽しむには、空が暗くなって月の高度も高くなる19時37分以降が良いとの事でした。
ちなみに京都ではその日雲が多く、残念ながら雲の切れ間からの一瞬しか見れなかったようです。
自身としては珍しい現象でありますで見られたらラッキーかな、程度でしたが天候が天候だけに残念でした。月食に特に興味があったわけではありませんでしたが、今回、実は子供の夏休みの宿題に関連していたので、少し関心があったしだいです。

これからも新たな発見を期待し、何事にも前向きに取り組んで行きたいと思います。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2007年09月03日 10:14 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2007年06月11日

社会人野球のクラブチーム

樽谷 徹
今、「東宇治クラブ」という社会人野球のクラブチームのお手伝いをしています。今年が3年目で現在、都市対抗クラブ予選中なのですが、これが結構大変で、かつ意外と勉強になります。
「東宇治クラブ」、名前の通り、自身の母校であり、その東宇治高校野球部OBを主体としたチーム編成にてチーム作りを行っています。当然のことながらクラブチームといえども、日本野球連盟に加盟し、試合に出場するには登録申請をし、それ相応の手続きが必要になります。(当たり前ですが・・・)
また、連盟の規定やルール・チームとしての規定(約束事)やルール・それぞれの球場ルール・野球のルールなどなど、これらをチームに所属する者全員が守ることによって、役職や年代そして出身高校、はたまた、職業が違っても1つのクラブチームとして成り立つことができると考えています。ところが、最近もっと大事なことがあると実感するようになりました。それは非常に単純な事かも知れませんが個々の「やる気」です。
「やる気」のある人間はあらゆるルールの中でチーム内でも自分の置かれた立場を見極め自ら進んで自分の責任をその1試合、1試合で果たそうとします。(してくれます。)
「やる気」の無い人間は約束事や時間も守れず同じ事を何度も繰り返し、言い訳や無責任な行動・言動を繰り返すばかりで、挙句の果てに何を勘違いしているのか「やらされている」との思いが募るようで、結局、約束事やルールが守れなくなってしまいます。
このような状況を踏まえ、このチームが野球の上手いとかへたとかだけではなくまた、上を目指して勝つことだけを考えて作られたチームではなく硬式野球を真剣にやってみたいと「やる気」のある者だけで構成されたチームとして3年目にしてようやく基本的な形ができてきたかなと思います。

このチームのお手伝いが、いつまでできるかわかりませんが、このような経験が今後の自身の仕事に生かせたり、また関連することが意外とあるのではないかなと感じています。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2007年06月11日 12:01 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2007年03月19日

大安と仏滅

樽谷 徹
3月に入り少しずつ陽気になってきていますが、この時期になりますと家を購入したり、あるいは引越ししたり・・・。自動車を新たに購入したり、あるいは今の自動車を下取りにして乗り換えたり・・・。と、様々な日常生活の変化に直面されると思います。
このような状況の情報を自分たちは事前にお客さんから頂き、保険を準備して頂いたり、現在の保険を変更したりと、手続きを行います。
そこで、以前は大安の日に引渡しあるいは納車との声が多かったように思いますが、最近ではそうでも無く、一般的に仏滅でなければそれでいいと、いうような感覚が多いようです。ただ、日程的にタイミングがあえば大安や友引が好ましいとの本音もあるようです。
ご承知の通り、大安・仏滅などは六曜の一つで、結論から言いますと迷信だそうです。
ところが、やはり仏滅は縁起の悪い日との認識も強く、事を進めるに当たっては避けたいのも事実です。また、現にしっかりと統計を取ったわけではありませんが、仏滅の日に事故報告や事故の相談を受けることが多いように感じています。ちなみに先日の仏滅の日に事故の相談が2件ありました。

気にしすぎるのもいかがかなとは思いますが、皆さんも気を付けて下さい


(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2007年03月19日 00:09 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2006年12月25日

今年も残りわずかとなりました

樽谷 徹 早いもので、今年も残りわずかとなりました。 今年は厄年の本厄の年でしたが、おかげさまで今日まで特に大きな厄難にも遭遇せず過ごせたことで良かったなと思うとともに感謝しています。ところで厄とは、「人間の生命や生活の健全と安定をそこなう要因になると考えられている災難・障害に関する心意現象」と書かれているそうです。自身は性格的にあまりこのような事を気にしない性分のようですので、何も意識せずに過ごし、悪く言えばすっかり忘れていたのが正直なところで、それが逆に良かったのかも知れません。ただ、わずかながら今年もあと少し残っていますし、来年は後厄ということもありますので、用心したいものです。

そこで、お正月には、また立木観音に親子三代でお参りに行こうと考えています。(ちなみに登るのは自身が一番遅く子供にも昨年負けました。)

来年も用心しながらも意識せずに(?)今年よりももっと良い1年になるようにしたいと思います。

(文;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2006年12月25日 14:38 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2006年10月01日

運動会

樽谷 徹 先日、子供(小1男)の運動会があり、行ってまいりました。夏休み明けは毎日のように運動会の練習があり本人も張り切っていたようです。 当日の天気は日に焼けるほどの快晴で、まさに運動会日和でした。出場種目を事前にかけっこ(50m走)・団体競争(クラス対抗)・ダンス(学年演技)と聞いていたのですが、自分は特にかけっこに興味がありました。 というのも、練習の段階では6人中トップでゴールしていたようで、本番ではどうかなと期待していたからです。 この中では女の子で1人、速い子がいたようですが、何とかトップでゴールができ、本人も満面の笑みで喜んでおりました。 その時の父親である自分はと言いますと本当に良かったとホッとしましたし、また入場からそしてゴールするまで、今から思えば緊張していたようです。(手に持っていたビデオが少々ぶれていたようでしたので・・・。)

子供が、どんなことでも、または少しでも何かで活躍することで、緊張したり、自分のこと以上に喜べたりするこの感情が非常に新鮮に感じた1日でありました。


(文;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2006年10月01日 00:08 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

2006年07月10日

人前で話す

樽谷 徹 人前で話す機会の少ない自分が、先日、10名ほどの集まりでしたが自身の事業についての発表をして参りました。

その発表先とは京都を中心に同学年で構成された異業種勉強会で、毎月1回定例会が、開催され活動としては10年以上も続いています。活動内容の詳細などにつきましては機会があればまたご紹介します。
さて、この会の今年のテーマが「メンバー個々の事業の発表」で、毎回メンバーの2名ずつが、自分たちの事業の業界の環境やその事業での現状報告、今後の取り組み、または問題点、課題などなど・・・を自分の視点で発表をするのです。
このような発表をすることによって、メンバー皆で良いところは参考にしたり、問題点については意見を出しあって解決できるヒントを得たりするわけです。
今回、このような発表をするに当たって自身の事業についても、真剣に向き合ったのですが、業界的にはやはり厳しいのが現状ですし、自身としてもやらなければならないことがたくさんあるなぁと言うのが正直な実感でした。

で、人前で話すことはどうだったかと言いますと、参加者に印象などを聞いていませんので、勝手なことは言えませんが、自分なりには、それ相応に伝えられたと思います。

今後もこのような縁や機会を大切にしながら、事業に取り組んでいきたいと考えます。


(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2006年07月10日 16:17 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

 
PAGE TOP