<< 最近ようやく冬らしく冷え込んできました | メイン | 「妻」 >>

2012年01月10日

少年野球生活

樽谷 徹
今年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、長いようで短く感じた少年野球生活も先月の卒団式にて無事終了いたしました。野球を通じての子供とのふれあいをはじめ、たくさんの人達と感動や喜び、心から悔しいといった感情を共有することができ本当に感謝しています。関係者の皆様、本当に有難うございました。

この3年間で子供もそれ相応に成長し、自身も今まで経験したことの無いような喜びもありました。振り返れば数え切れ無いほどのエピソードが思い出されます。

例えば、体験に行った時の親子揃っての緊張、子供の初ヒットや好プレー、チームの初メダル獲得や好ゲームの末のサヨナラ勝ち・・・。自身においては、監督代行をさせてもらったり、ぎっくり腰が再発したり、選手の打球がまともに目に直撃し目を真っ赤に腫らしたり、夏の暑さゆえに気合い半分・ジョーク半分で頭を坊主にしたり・・・。

このような少年野球生活を家族全員人生の1ページとして大切にし、そんな中、自身は年が明けると共に次のステップへと切り替えようと考えていましたが、何かとなかなか前へ進まず、取り急ぎ公私ともに身近な所からの整理整頓に励もうと考えています。

(文責;樽谷 徹)

投稿者 プランナーの声 : 2012年01月10日 10:19

カテゴリー [ 樽谷 徹 ]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.e-seikatu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/133

 
PAGE TOP