<<2011年08月 | メイン | 2011年11月>>

2011年09月12日

地蔵盆

藤江 繁夫 地蔵盆、何年ぶりでしょうか?20年以上は経っていると思う。我が家の子供達は成長してしまったので参加する機会がありませんでした。今回は町内の組長ということで準備段階からお手伝いをすることになりました。以前は子供達がたくさんいたのでかなり準備や当日の進行が大変だったように記憶しています。一時は2日間開催したことがあって、イベントも花火大会、映画鑑賞といったものがあり、大掛かりな遊具やゲームなども特別に準備をしていたことがありました。

最近では子供達が少なくなり(私の組でも12世帯中参加は3名)テントの周囲を飾る子供提灯は数個で本当に寂しい状況です。中心部の町内では子供が少なく逆にお年寄りが増え地蔵盆自体が無くなりつつあるのかなと思われます。周辺地域の住宅地では近所付き合いが薄くなっているせいか淡々と事務的に進められているように見受けられます。

しかし、準備となると役員は苦労します。一週間ぐらい前には景品とかおやつなどを駄菓子屋に仕入れに行かなければなりません。これが大変な作業で子供の年齢、男女別に合ったものを揃えなければならない。子供のものだからといっていい加減には選べません(流行りの物があるらしい)。大人だけで選ぶのは難しい。幸い子供を連れた役員がおられたので子供に品選びをさせ助かりました。

当日は天候があまり良くなく時折雨が降るなかスケジュール通りに進行し、一応無事に終わったと思われました。だが、完璧には出来ていなかったようです。何か様子がおかしいなと思っていたら、子供の景品で年齢別と男女別の数量が合わなかったらしい。結局、終了後買いに行くことになり、届けて事なきを得ました。

苦労しますね。本当にお疲れ様でした!!

(文責;藤江 繁夫)

投稿者 プランナーの声 : 2011年09月12日 10:33 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 藤江 繁夫 ]

 
PAGE TOP