<< 花粉症 | メイン | 自己紹介 >>

2011年03月22日

東北関東大震災

藤本 裕介 3月11日午後2時46分。未曾有の大地震は一瞬で「日常」を「非日常」へと転換した。なによりまず今回の震災で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

阪神大震災の時私は高校生でした。日々の生活を送るのに精一杯でだだ恐怖感だけが残りました。

そして今回の大震災は、少し大人になった分色々なことを考えさせられました。地震のみならず、津波の恐怖。被災された方々のこれからのこと。原発の在り方。メディアの報道やボランティアやチャリティーについてなどなど。そして「今の自分にできること」は何か?を日々考えています。その一つとして保険の仕事に携わる者として、地震を含めた自然災害のリスクと保険についてもう一度見直し、一人でも多くの方々とお話をしたいと思います。地震や津波で倒壊した建物や家屋、流された自動車。ケガされたり残念ながら亡くなられた方々。必要なときに必ず支払われる保険であるために。


最後に1日でも早い復興を心から祈っています。戦後の焼け野原から阪神大震災から復活したように、日本人には世界に誇る高いモラルと、勤勉と、忍耐がある。技術も経済力もある。失われた命は戻らないけど、その数多の命のためにも、教訓をいかし決して諦めずにもっともっと美しい東北の町と強い経済と災害に負けない暮らしを作り上げ、大震災に打ち勝つ日本になってほしい。

(文責;藤本 裕介)

投稿者 プランナーの声 : 2011年03月22日 10:07

カテゴリー [ 藤本 裕介 ]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.e-seikatu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/117

 
PAGE TOP