<<2010年07月 | メイン | 2010年09月>>

2010年08月30日

「感動」と「感謝」

藤本 裕介 私の大切にしている言葉は「感動」と「感謝」である。 先日、熱戦を繰り広げた高校野球夏の甲子園2010が幕を閉じた。沖縄県 の興南高校が春夏連覇、沖縄県勢として夏初優勝を飾った。 私も元高校球児として、タイトな日程による、将来ある選手(特に投手の連投)の疲労蓄積への配慮など課題はあるが、ひたむきに白球を追う選手たちには今年もたくさんの「感動」をもらった。 そして多くの高校球児が自分を支えてくれた人たちにと「感謝」の言葉を口にする。 人は自分のためにと思うと、なかなか力を出せない。人は「誰かのために」と思うことで初めて力を出せる。球児たちは自分たちの後ろにいる、彼らを思い支えてくれるたくさんの人たちがいることを、わかっているからだろう。


私の父は少年野球のチームの監督をしている。その関係で時間があるときは時々子供たちと接する。私は子供たちに野球は「心のスポーツ」だと伝えている。心のあり方がゲームの流れをつくり、勝敗の鍵を握っている。またつながりが勝敗を左右する。打線のつながり、守備の連携プレー、投手をつなぐ継投。勝利への思いをつな ぐ「心のつながり」が何より大切である。
チームメイトと出会い、人と人とのつながりを大切にすることで、チームワークができ、チームとしての絆が生まれる。そんなチームになってほしいと思う。
一生懸命ひたむきに努力し、野球と真摯に向き合うことで、「結果を超えて充実を感じられるときが来る、たとえ負けても納得できる、そういう世界を一人でも多くの子供たちに見せてやりたいと思う。
私自身過去を振り返ったとき、真っ先に思い返されるのは、勝敗よりもそこへ至るまで一生懸命頑張った、汗と泥と涙にまみれたプロセスである。


「感動」することで人はたくさんのことを学び、そして成長でき、「感謝」することで自分を支えてくれる人たちの思いを知ることができると思う。人は人を想うことで、強く優しくなれる。
私はこれからも、人と人とのつながりを大切に、真摯に向き合って生きていきたい。

(文責;藤本 裕介)

投稿者 プランナーの声 : 2010年08月30日 09:50 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 藤本 裕介 ]

2010年08月16日

亀岡に住んで

谷口 ひろみ 結婚して亀岡に住んでいます。先日もとなりの事務所の方から地震の可能性が高いのは亀岡らしいと言われてドキドキしながら地形などをみていたら、資料から 亀岡盆地は太古は大きな湖であり、風が吹くと美しい丹色の波が立ったところから、このあたりを丹のうみ・丹波と呼ぶようになったとされており、出雲神話で有名な大国主命が亀岡と嵐山の間にある渓谷を切り開いて水を流し土地を干拓して、切り開いた渓谷を妻神「三穂津姫命」の名前にちなみ保津川・保津峡と名付けたという伝説も残っており、出雲大神宮(千歳町)の祭神となっている。事実、湖だったことを示す地層も明らかになっている。 地盤が緩くて活断層も通っていて・・・不安ながらも避難時の災害グッズを確認したりしています。

亀岡に初めて行ったのは、高校の山登りで嵐山、保津峡から亀岡へ。その頃は見渡す限りの田んぼの中にJRの駅舎がぽつんと建っていた光景を忘れずに覚えています。今ではすっかり変わりましたが、まさか自分が亀岡に「住むことになる」とは思っていませんでした。縁があったのですね。1番困るのは、京都の碁盤の目の中で育ちましたので、明らかに曲がっている道を真っすぐと言われても信用できません。


(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2010年08月16日 09:38 | トラックバック (0)

 
PAGE TOP