<< 人生初の監督 | メイン | South Africa 2010 WORLD CUP を終えて >>

2010年06月28日

9月の「宮崎ゴルフ旅行」て行ける?の巻

大塩雅義 一昨年は11名で「仙台ゴルフ旅行」。昼の塩釜・生マグロすしと夜の牛タンフルコース。そして翌日の蔵王カントリークラブでの1ラウンド。昨年は25名で「土佐同窓会旅行」。お昼の渦潮見学・讃岐うどんと夜のかつおフルコース。そして翌日の黒潮カントリークラブでの1ラウンド(ゴルフ以外の人は、土佐の朝市・市内観光)と立て続けに豪遊しております。まさに満喫、満足、満腹と三拍子揃った旅行でした。

そんでもって「二度あることは三度ある」ではありませんが、今年は調子に乗ってあの憧れの宮崎フェニックスで、ということに決まりました。と言うのも去年の土佐旅行の時、下心満々でわざわざ「宮崎の御曹司」(勿論同窓生ですが)を呼びました。そして桂浜の駐車場で其奴に会うなり、「来年は宮崎で・・・?」と大声を張り上げました。流石、昭和28年生まれ。乗りがいいのか食いつきがいいのか分かりませんが、其奴は二つ返事で「当たって見とくは」とニコニコ顔。なにか其奴も私も「しめしめ予定通り」という雰囲気でした。

この様に書くと私がとてもゴルフが好きで毎週のようにコースをまわっている様に聞こえますが、本当は年に2~3度しかゴルフをしません。まあ若い頃は、千葉や茨城で毎週のようにやっておりましたが。その反動という訳でもありませんが、ここ10年ほど前からはこのペースになっております。スコアーも100をなかなか切れません。

しかしいまの私の一番の心配事は今月90歳になった「母親」のことです。まあ毎年のことですが6月になると調子が悪くなります。今年は特にひどくここ2週間ほど微熱が続いています。元気は元気なんですが、どうも寄る年波には勝てないようで背中がとても寂しそうです。なんとか9月までには少し回復してもらわないと思っています。このままではとても宮崎には行けません。言いだしっぺの私が行かないと「宮崎の御曹司」に何を言われるかわかりません。祈る毎日です。仏様どうぞよろしくお願いします。

ではまた。


(文責;大塩雅義)

投稿者 プランナーの声 : 2010年06月28日 09:36

カテゴリー [ 大塩 雅義 ]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.e-seikatu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/100

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
PAGE TOP