<< 新年あけましておめでとうございます。 | メイン | マイブーム >>

2010年01月18日

金銭感覚麻痺を感じさせられる毎日

藤江 繁夫 ニュースでは億単位の金の流れが報道されている。親から子へ毎月渡されていた金額、企業から政治家に渡される裏金、倒産企業の負債金額。とにかく庶民の感覚では到底理解出来ぬ内容だ。不景気風が吹き荒れ、なんとか少しでも節約を心掛け我々は日々奔走している。他店でガソリン価格が1円でも安いと聞けば出向き、家計を預かる主婦は、限られた少ない予算で少しでも食卓を彩ろうと、折り込みチラシを片手に自転車を走らせる。少々の距離は覚悟である。我々には羨ましいどころか金銭感覚の隔たりの大きさに憤りを感じる。元々政治家と庶民との感覚は多少隔たりが有るのは容認していたが・・・。最近特に、本当に我々の生活は改善されるのか、いつになれば景気が回復に向かうのか・・・与党のマニフェストは早くも机上の空論の気配を感じるのは私だけだろうか?。不正をしても全て秘書のせい、堂々としらを切る。都合が悪くなれば黙りを決め込む。本当に理解に苦しむ。政権が変わっても中身は以前と何も変わっていない。責任の追及の仕方も全く変わらず政党や人物が入れ替わっただけではないか。あ~あ~望みは宝くじだけか・・・・。

(文責;藤江 繁夫)

投稿者 プランナーの声 : 2010年01月18日 09:58

カテゴリー [ 藤江 繁夫 ]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.e-seikatu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/90

 
PAGE TOP