<< 少年野球の審判 | メイン | 「新日本丸」誕生から1ヶ月が経ちました! >>

2009年09月28日

サーちゃんがきた!!!の巻

大塩雅義 息子は女の子が生まれたら「さつき」と言う名に決めていたそうで、漢字も「颯爽」の「颯」をどうしても使いたかったようです。「颯」に希望の「希」。でも皆は必ずと言っていいほど「5月生まれですか?」と聞いてくるそうです。その度に息子は、はにかみながら、でも嬉しそうに「4月生まれです」と答えているそうです。その「サーちゃん」がついに我が家にやって来ました。

 このシルバーウィークを利用して、9月20日から二泊三日の日程で、ついに大塩家の初孫「大塩颯希」が京都デビューしました。チャイルドシートに乗せられて車で名古屋からやって来たのですが、すこぶる元気で機嫌もよく初めて会ったうちのお袋も「この子、しっかりした赤ちゃんやなあー」とびっくりしていました。この前の「お宮参り」の時はまだ赤ちゃん赤ちゃんしていたのに、たった3ヶ月でこんなにしっかり大きく可愛くなるとは想像もしていなくて驚きました。くりくりお目目とぷくぷくほっぺ。腕と太股はもうぱんぱんです。生まれたときは2800グラム少々、しかし今はもう7100グラム強もあるそうです。さすがに長く抱いていると腕が怠くなってきます。写真が見せられないのが残念なほど色白で別嬪さんです。そしてもっとびっくりすることに、まだ生後5ヶ月だというのに仰向けに寝かせると一人で「寝返り」をします。しかも器用に必ず左回りに。でもまだ元の仰向けには自力で戻れませんが。その「寝返り」を一生懸命にしてくれて、なおやっとの思いで顔を上げ、珍しそうにじーと私の顔を見てくれます。・・・「ガン見」。その瞳は正にこの世の物とは思えぬほど綺麗で美しく、真っ黒で潤んでいます。それを見た瞬間、私は「人間の幸せとはこういうことなんや!!」と訳の分からぬ事を心の中で唱えていました。

 あっという間の3日間でした。この次会うときにはまたびっくりするほど大きくなっているんやなと思うと、もう居ても立ってもいられません。息子の嫁さんに嫌われるかも知れませんが10月か11月に名古屋に行こうと思う今日この頃です。

ではまたの報告を!!幸せな爺さんより。


(文責;大塩雅義)

投稿者 プランナーの声 : 2009年09月28日 09:57

カテゴリー [ 大塩 雅義 ]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.e-seikatu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/83

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
PAGE TOP