<< 花粉症?! | メイン | 2009年5月 >>

2009年04月27日

ついに、手に入れたぞう!!!

大塩雅義 先日、大阪の質屋さんで中古の「クレドール」を買いました。これは6年ほど前から探していたもので、本体が18Kの椋、文字盤も金色で黒のエナメルのバンドがとてもおしゃれな品物です。外径の大きさもよし、薄さも軽さも抜群で手首の細い私にぴったりの時計です。この「クレドール」の現在のモデルには文字盤まで金色のものはなく、文字盤の白い奴はお店のショウウインドウに並べてあると高級品ですが、人の腕にされているとさほど高級品には見えません。だから今度手に入れたこの時計は今となってはなかなか得がたい品物だと自分で納得しております。

 別に私は腕時計を集めるのを趣味にしているわけではありません。しかしこの「クレドール」を意識しはじめた理由はといいますと6年ほど前に同じセイコーの「ドルチェ」という時計を人から貰ったのがきっかけです。先ほども言いましたが私は男としては手首が細く、「ロレックス」の様なゴロンとした腕時計があまり似合いません。以前見栄を張って安物の「ロレックス」をしていましたが、多分他人にはまがい物にしかみえなかったと思います。そこへひょんなことでこの「ドルチェ」を頂いてからは、私の手にはやはりこういう薄型の時計が一番だと思うようになりました。頂いてから2年ほどで電池切れになり、大丸の時計売り場へ電池交換にいきました。そこで待ち時間の合間に売り場を見ているときに「クレドール」という時計を見つけてしまいました。
 以来いつかはワンランク上の「クレドール」を手に入れようと思い続けていました。そしてついに、憧れのそれも金椋のものを手に入れたのです。2009年も調子がいいぞう!!!

ではまた。


(文責;大塩雅義)

投稿者 プランナーの声 : 2009年04月27日 09:36

カテゴリー [ 大塩 雅義 ]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.e-seikatu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/73

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
PAGE TOP