<<2007年11月 | メイン | 2008年02月>>

2008年01月21日

決めた。

谷口 ひろみ 今年から娘の音楽教室の付き添いをやめることにしました。 もう3年目になりますが、本人が習っている意思が少ない、練習を自分から進んでしない、 練習を始めれば口げんかになる。私にとっても大変なストレス。音楽教室からは家での練習をしっかり見てあげてほしいと言われているので、本人が練習してから聞くことに変えます。子供が大きくなるにつれて関わり合いが難しくなりました。上の小2の娘は言葉で抵抗するようになり、下の年長の息子は気に入らないと、ものにあたったり、部屋に閉じこもったり、まわりの大人はそれぞれ違う思いで接してしまう。何が正しいのかわからない状態。このままどうなるのか予測できないところが仕事とは違い、いつか楽しかったと思えるように私も変わろうと思います。

(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2008年01月21日 01:59 | トラックバック (0)

2008年01月07日

謹賀新年

滑 武志 皆様、新年あけましておめでとうございます。
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
平成も、はや20年!
思えば当時の小渕官房長官が「(平成)と決まりました。」と発表されたのがついこの前のようで・・・・・。
よくよく考えたら、私も今より20歳若く、平成生れの長女と3男が我が家にはおり・・・。
これから平成が何年続くかわからないが、子供のころお父さんお母さんは(昭和)1ケタで、おじいちゃん、おばあちゃんは(大正)生まれで、曾おばあちゃんは(明治)生まれと、こんな具合だった。 いまは大正生まれでご活躍されてる方も多くおみえだが、64年続いた昭和の方が、人口的に大半である。一方、時の人、ゴルフ界の石川遼もボクシングの亀田兄弟と次の時代、まさしく平成が中心へと・・・・・。
あの頃はよかったなあ、なんて想い出に浸る余裕も無く過去は過去として、あらためて「平成をどう生きるか」を自分に問いただし現在・未来へむけていつまで続くか全くわからない自分の寿命「命」をまっとうできるよう、あの世にこの世の悔いをもっていかなくていいように、健康に留意し笑顔で「平成20年」を過ごそう。
七転び八起き、笑顔で終れる大晦日でありますように!!

(文責;父 滑 武志)

投稿者 プランナーの声 : 2008年01月07日 18:46 | トラックバック (0)

カテゴリー [ 滑 武志 ]

 
PAGE TOP