<< 自分にフォーカス Ⅱ | メイン | 同窓会 >>

2007年10月29日

10数年見続けている映画

谷口 ひろみ 今日の新聞の訃報欄に女優デボラ・カー(享年86歳)とあった。正直なところ生存されていたことも知らなかったほどで申し訳ない。というのも私が初めて「めぐり逢い」という映画を見たのが1990年頃。その映画が1940年代に制作されたもので、50年前の映画なのにとても感動した。今でも週末になると掃除をしながら音楽や雰囲気を楽しんだりする。元々はある映画に出てくる映画で主演者がとても感動するシーンがあってどうしても見たくて探していたら深夜にたまたまTVで放送された。それからずっと現在まで見続けている。何回みても全く飽きない。父がいた頃にたずねたことがある。「なんで昔のアメリカ映画ていいんやろう」と。そうしたら父が、「その頃のアメリカが豊かで、制作されたものもよい。人間の豊かさがいいものをつくる。」その時の会話は、とても素直に納得できて鮮明におぼえている。つくづく私は父からの影響をかなり受けて育ったらしい。

(谷口 ひろみ)

投稿者 プランナーの声 : 2007年10月29日 01:50

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.e-seikatu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/35

 
PAGE TOP