<< 運動会 | メイン | 多分。さてね? >>

2006年11月13日

滑 武志 おもしろい!!  楽しい!!  嬉しい!!  悲しい!!  悔しい!! 怖い!!

家族は、そんな当たり前の大切な事を毎日気づかせてくれる身近な存在だ。
「顔」はそれを正直に表現する!! 
先日、末っ子(年中さん)と保育園の仲間も一緒に「サッカーキッズフェスティバル」で
久々にボールを触り子供達と戯れた。初めてゲームをして親も子も大騒ぎ!!
予想通りの泣き笑いで、子供達の目はキラキラ、楽しい一日を過ごした。
上3人は多くの友達とその兄弟姉妹と近くの公園で「子供達だけで」真っ暗になるまで時間も忘れ遊んでいた。当然遊びのルールも子供が決める。そこで子供同士が人間関係を構築し、「助け合い」や「リーダーシップ」が発揮された。一度あまりに帰りが遅く、真っ暗だったので公園に行ってみると、砂場で大きな山を作り、もう少しでトンネルが完成する、と目を輝かせていた事があり、今でも記憶に鮮明と残っている。しかしいつしか公園はガランとし、常に親と子がセットで・・・遊びの時間も親が管理し、不快な事件の数々が多大な影響をあたえているとは思うが?? 末っ子はその意味「子供同士の遊びから生れる多くの財産」が欠乏している。一人っ子状態で、このサッカー遊びがきっかけとなればと思う。土を触り、風を感じて、しっかりご飯を食べて、泣いて笑って。

強くてやさしい大人になって欲しい。


お金で買えないものをたくさん作ろうね!!
感じようね!!


(文責;父 滑 武志)

投稿者 プランナーの声 : 2006年11月13日 07:00

カテゴリー [ 滑 武志 ]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.e-seikatu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/10

 
PAGE TOP